2016-05-06 10:30 | カテゴリ:マッチメーカーコラム
本日のコラムは、楽しい夏に向けて頑張ろう!とやる気の皆様に「こんな結婚相談所には気をつけよう」というテーマでお送りしたいと思います。いえいえ、喧嘩売ってるわけではないのです!弊社にお越しになるお客様や、友人知人、その他さまざまなところで見聞きするなかで、驚きの相談所もあるものですから、今年は結婚相談所を使おうと思っている皆様のご参考になればと思います。日本国内で活動する方、国際結婚相談所だけに登録される方、いろいろな形があると思いますし、また国によって法律や制度も違いますので、ここでそれをすべて説明することは避けますが、相談所は大きく分けて「大手相談所」「インターネットで登録のみ型」「個人経営型」の三つに分けられています。個人経営のところは、他のビジネスをしながら、兼業で行っているところもあるようですね。

もちろん、どこがよいかをお決めになるのは、個々の嗜好がおありになると思いますので、あくまでも「参考程度に」お読みいただけたらと思います。ちなみに、以下はすべて、お客様や以前コンサルテーションに来てくださった方々から伺ったことです。

1. 営業があまりにすごい
弊社にお問い合わせいただくお客様の中で「問い合わせしようと思ったけども、本気でなければ、その後の営業がすごいのかなと思って、気軽に問い合わせできなかったんです」という方がたまにいらっしゃいます。そうですよね。何の気なしに一度メールや問い合わせをしただけなのに、その後降るように電話やメール、DMが来ると、皆様辟易されるかと思います。これは、はっきり断ることでだいたい解消します。日本人の皆様はNOを言うことが苦手かもしれないのですが、こんな時はしっかりと「もう結構です」と主張すれば、大抵やめてくれます。メーリングリストから外してもらうのがよいでしょう。
*ちなみに弊社も、例えば「イベントなどがあるときにはお誘いしましょうか?」と聞いてからお送りするようにしていますが、お相手が決まったり、他の事情でもうお誘いは不要ですというときには、おっしゃっていただければすぐ外しています!

2. 料金がはっきりしない
入会してから初めて料金がわかったり、聞いてもいなかった成婚料を取られたり、少し活動して、退会すると決めても返金してくれないなど、トラブルが多いところは必ず、入会前の料金がはっきりしていません。その会社のサイトをチェックすれば、料金が載っているかどうかわかりますし、掲載していない場合は問い合わせをし、必ず入会の前に金額やその後プラスアルファでお金が必要になるかどうか、明らかにしてくれるところをお勧めします。

3. 話を聞きに行ったら、小部屋で説教
いえいえ、笑い事じゃないのです。そんなところあるらしいです。怖いです。私だったら速攻帰ります(笑)。どんな説教かというと、平たく言えば、結婚やお相手のイメージに夢を追いすぎている場合に、そんな甘いものじゃないよという話を、こんこんと一対一でする、ということのようです。それは、ある意味一理ありますが、しかしちょっと話を聞きに行ったつもりがそこまで長時間…というお話をたまに聞きます。

4. 入ったらそのまま、ほったらかし
大手で、自分で活動する方式の結婚相談所のよいところは、比較的料金が手頃で、自分で写真などを選び、この人がよいと知らせれば、相手の返事を送ってきてくれるところなどです。間に人が入らないのでよいかとも思われるのですが、婚活って、実は活動するうちに少しずつすり合わせを行って、変わっていく好みであるとか、よいお返事が来ない場合には、相手のイメージを変えてみるなど、さまざまなチューンナップが必要になってくるものです。ずっとほったらかしでは、うまくいかないまま年だけ取っていってしまうということも…。料金が安いということで、そちらを使いながら、ご自身でも何か他の活動もされた方がよいかもしれませんね。

5. サクラがいる!?
とある国際結婚相談所の話です。元会員様から伺いました。すごく素敵な会員の方を紹介されて、とても嬉しかったけども、後でその方は会員の方ではなかったとわかったそうです。それはとてもショックだったと思います。そのような噂がある相談所もあれば、噂があっても実はいないところもあります。こればかりはなんとも、そうなのかどうなのか、もしかしたら言葉の問題でニュアンスが違ったせいなのかわかりませんが、そういう話があるところは、必ず複数の方がそういう話をされ、ネットなどで噂になっていることもあります。気になる方は、入会の前にたくさんリサーチしてみるといいでしょう。

こんな結婚相談所には気をつけよう!その2へ続く
秘密

トラックバックURL
→http://glowjp.blog129.fc2.com/tb.php/225-08f5bfc4